携帯電話も未だ根強い人気を誇っているが、一気に普及しているのがandroidを搭載するスマートフォンです。。

携帯電話の多くがandroidを搭載するスマートフォンです。

電話がandroid搭載のスマートフォンへと変わりました。

固定電話から、携帯電話に変わるのもそれほど時間はかかりませんでしたが、登場から10年も経たずに、ほとんどあっという間に普及したのがandroidというOSを搭載したことが大きな原因だと考えます。電車の車内などでもandroidを搭載するスマートフォンを触っている人間が非常に増えています。なぜ分かる¥かというと、タップしたり、テでスライドする動作がならず行われるからです。ただし、キーボードに関しtれは、これまでの携帯電話の方が使いやすいとも言えます。使いこなしている人間の場合は、画面を見ること無くキーガを打つことが出来るからです。スマートフォンの場合は、これは出来ません。これだけが唯一スマートフォンの弱点だと言えるでしょうが、実際に使用すると、これほど便利なハードは無いのでは無いかと思えます。まさに、持ち歩けるコンピュータと言えるのでは無いでしょうか。

どこに居てても、簡単にインターネットと接続ができるだけで無く、そのサービスをほとんど利用することが出来るからです。スマートフォン向けのサイトも非常に多くなっています。固定電話の役目も、ほとんど終わりだと感じてしまいます。音声による会話だけで無く、ネットと接続することで、メールはもちろん、どんなことも簡単に検索することが出来るのですから。携帯電話の登場で、公衆電話が大幅に減りましたが、それと同じように固定電話の回線件数もかなり減っているようです。この傾向は、スマートフォンの普及で、これからますます進むと考えます。

関連リンク

Copyright (C)2017携帯電話の多くがandroidを搭載するスマートフォンです。.All rights reserved.